忍者ブログ
この読書感想文は、批評とも感想ともとれない、また推薦でもない、ただの自己中心的記録日記である。 そこらへんを考慮した上で読んでくれ。
[9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 朝日新聞で、やっと完結しました。連載モノはいいねぇ、読み続ける応えがある。
 制作と同時並行で毎日読んでいけるのが、いいのだよ。


 長い間、読み続けてきましたが、現代社会を観察して書かれた作品だと言うことがよく分かった。

 まー、一番最初はどう動くかなーって思いながら読んでいたけど、飲み込まれてしまった。自然と。
 別に設定が面白いとか、そういうのではなく、ただ純粋に飲み込まれたのだ。
 何を言っているかわかんねぇだろうが、俺自身もあんまり分かっていないんだ。

 …………よし、落ち着いた。
 言うなれば、「世の中と人」。
 それを捕らえ、また考えた作品なんだろう。
 人は世の中に流されて生きて行かなくてはならない。独立して生きられる人間なんていられないからね。どうしても社会の一部に依存しなければならないからね。
 それでも、その社会の流れに反したり、また順応したりするのもまた人間であったりするわけだ。

 さて、そんな人と世の物語であったわけだが、
 ちょっとばかし最後の辺りはトントン拍子だったかなーって判断できる。
 けれどさ、じっと考えてみると、それはトントン拍子、というより当然のことであると分かるのだ。
 人と世、そして人と人とのつながり。
 それらがあって、世があり、また人があるわけだ。
 だから、そのトントン拍子はひどく当然で、全く以て当然然たるものだったわけだ。



 俺、この自己満足的読書感想文もどきを書き続けていて、今、初めて、書いててよかったなーって思った。
 なぜなら書籍になったらちゃんともう一度読み直してみよう、って思えたから。
 これってすっごいことかもしれないなあ。日記続けている人の気持ちが少し分かった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/17 波無吉]
[02/17 塩山]
[02/17 波無吉]
[02/10 塩山]
[02/09 波無吉]
プロフィール
HN:
塩山タカオ
HP:
性別:
男性
職業:
文章家を目指す小僧
自己紹介:
死してなお生きる
いや、生きていても死んでいて、
……うがぁー
バーコード
ブログ内検索
Copyright © s.v.o.s.(com)の読書日記 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]