忍者ブログ
この読書感想文は、批評とも感想ともとれない、また推薦でもない、ただの自己中心的記録日記である。 そこらへんを考慮した上で読んでくれ。
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 まさに、クチュクチュバーン。

 としか、言いようがない作品。いい意味で。


 まず、この作品で最も目が付くところは、設定が激しい。
 時代は近未来。
 で、クチュクチュバーン。
 やばい、この単語(!?)で全てが片づく作品だ。

 っと、落ち着いて。
 この作品では、近未来・異常な気象によって生じた異常な進化によって変わった人たちがいる世界。
 世界は変わり、人間とは到底言えそうにない元人間がたくさんいる世界。
 人面犬、ビルほど大きな女、手足が計十本のピンク、などなど。
 そんな人々(?)の織りなす、危険で残酷な物語。
(あれ? はじめてあらすじを言ったのでは)


 何より目を引くのは設定であった。
 設定以外の何者でもない。
 俺自身が設定至上主義者であるので、この作品は目に見えて異常な設定であるので、たいへん楽しめるのである。
 だが、問題は、その設定の勢いに任せて、転から結までの課程が短すぎる。
 さらに、視点がころころ変わるので、勢い任せになっているのがありありと分かってしまう。
 だが、この作品の設定では、勢いが無くては語りがたく、また視点の変化がなければ、あまりにも薄くなってしまう。だからこの急展開を要したのだろうか。




 同じ本に集されていた「人間離れ」だが、
 これもまた設定が。

 近未来、空から降ってきた大量の卵によって、機能のほとんどが壊され、そして孵化してきた謎の生命体によって殺戮。そして豹変する人々。
 まさにクチュクty(ry



 この二つに共通して言えるのは、
 人間の変化と無変化、であろう。
 そこらへんを考えて、読んでみると「はぁ、人間って卑しいなぁ」なんて思えたりする。
 そう考えるとさらに、「クチュクチュバーン」が問題提起で、「人間離れ」が証明の1つ、と思えるのは少しおこがましいかな?
PR


 朝日新聞で、やっと完結しました。連載モノはいいねぇ、読み続ける応えがある。
 制作と同時並行で毎日読んでいけるのが、いいのだよ。


 長い間、読み続けてきましたが、現代社会を観察して書かれた作品だと言うことがよく分かった。

 まー、一番最初はどう動くかなーって思いながら読んでいたけど、飲み込まれてしまった。自然と。
 別に設定が面白いとか、そういうのではなく、ただ純粋に飲み込まれたのだ。
 何を言っているかわかんねぇだろうが、俺自身もあんまり分かっていないんだ。

 …………よし、落ち着いた。
 言うなれば、「世の中と人」。
 それを捕らえ、また考えた作品なんだろう。
 人は世の中に流されて生きて行かなくてはならない。独立して生きられる人間なんていられないからね。どうしても社会の一部に依存しなければならないからね。
 それでも、その社会の流れに反したり、また順応したりするのもまた人間であったりするわけだ。

 さて、そんな人と世の物語であったわけだが、
 ちょっとばかし最後の辺りはトントン拍子だったかなーって判断できる。
 けれどさ、じっと考えてみると、それはトントン拍子、というより当然のことであると分かるのだ。
 人と世、そして人と人とのつながり。
 それらがあって、世があり、また人があるわけだ。
 だから、そのトントン拍子はひどく当然で、全く以て当然然たるものだったわけだ。



 俺、この自己満足的読書感想文もどきを書き続けていて、今、初めて、書いててよかったなーって思った。
 なぜなら書籍になったらちゃんともう一度読み直してみよう、って思えたから。
 これってすっごいことかもしれないなあ。日記続けている人の気持ちが少し分かった。
 こいつもまたまた、18歳以上がしなくてはならないゲーム。


 同人ゲームとは思えない作品。
 言うなれば、小説としてシナリオがいい。

 総評としては楽しめたが、ちょっと……。な作品。


 欠点というのが、まず物語のサイズを3日間に規定しちゃった所だね。けど、この作品は、3日間だからこそ面白いところもあるから、ようは使いようを少し間違ってしまったわけよね。
 転から結までが少し忙しすぎたんだよ。

 物語としては、面白かった。だが、サスペンスものとしてはいまいちだった。
 サスペンス要素、というか謎要素があったのだが、それの反芻率があまりにも少なかった。本来、人間というのは、何度も物事を考え直す。それは無意識の中でも起きている。けれど、ゲームになると、主人公の無意識煮までは追いつけない。となると、考え直せない。ゆえに、サスペンスとしてはいまいちになってしまう。
 ただの野放図であった。
 受身体制てき。

 だが、主人公の人のよさが栄えていた。
 そのよさに追いつけなかったんです。僕は。
 画面の前で主人公のことをケタケタ笑っていたりした。けれども第二話では悪役キャラを蔑んでいた。
 そんな自分に無性に腹が立った。

 まー主人公はすごいよぉ。
 死ぬかもしれない現場を、人生の快気点、な様子に雰囲気を変えていたからね。さっすが~。

 それと、もっとも残念なのは、選択肢がない。=BAD ENDがない。



総評・同人ゲームとして、やる価値はある。
 この映画、いいキャラ少ないなぁ!
 いやまじ、本当に。

 黒澤の演出には毎度驚かされ、何度見ても面白い。名作の起源は此処にいると言っても過言じゃないね。
 しかし、この作品。いいのは演出だけぢゃあない。
 ストーリーが何よりいいんだ。
 役所、性格、利権、……と言った人の負の部分がありありと出されている。(詳しいストーリーはネットで具具ってくれ)

 それにしても、志村さんはすごい!
 どんなキャラクターにでもなれる!
 今回はすっげー陰気というか鬱々とした役で、「ほんとお前、生きてるか?」っていう役柄でね。人間として信じられないレベルの鬱さだったわけよ。
 それなのに? 「七人の侍」ではすっごく聡明な明るい役柄をやる。信じられる? 信じられないだろうが、信じるほかないんだわ。


 さて、言いたいことは言った。
 というわけでまとめ。

演出:神
構成:五
役者:五
ストーリー:神
読後感:五

 まー、終わった後のやるせなさが入っても、90点は上げられますね。
 確か、この作品もリメイク版がだされていたから、今度見よう。

 いいか、見たほうがいいぞ。
 というか見るべし。見ろ。


(善の研究は、いい感じに第一章が読み終わった。ただしこの本では、一章の一冊あたりの量が少ない割にあ、情報量が多い=延期のフラグ)
 一ヵ月後、とか言っておきながら、早々に更新しちゃったよ。

 18歳以上がしなくてはならないゲームですので、興味がない人は読まないように。いや、この読書感想文は、ほとんど興味がない人には意味を成さないものだから別に注意しなくていいのか…。


 やってみた感想。
 オールコンプしてちょっとわだかまりが残る感じかなって思ったら、もいちど別キャラワンルートしたら問題なかった。

 一番最初は欝ゲーかな、って思ってたんだけど、様子が違う。
 なんというか中盤に差し掛かってくると、あれ?な状況になって、終盤になると、あれれれれれ?な状況になる。
 主人公に自身を投影することはなかったが、感情移入をしつつなおかつ遠くにおける、と。これまた今のドラマに足りない要素のひとつですね。
 だから、十分楽しめる作品と取れましょう。

 で、いい言葉と思えたのは「鯛の鯛」。
 知っている人はいると思いますが、魚のタイの骨の中には、タイに良く似た形のものがあります。他の魚にも同じ用に姿に似た骨があります。
 そして人間にも同じように似た器官が存在する。それが、のど仏。
 ……他にも、宇宙の形は薔薇とか。
 まさか宇宙の形が薔薇と考えられているのは知りませんでした。




 うーん、なんだか、作業のように打ち込んでしまったな。
 読者にもうしわけがない。
(現在、『善の研究』のために頭がいっぱいなのだ。)
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/17 波無吉]
[02/17 塩山]
[02/17 波無吉]
[02/10 塩山]
[02/09 波無吉]
プロフィール
HN:
塩山タカオ
HP:
性別:
男性
職業:
文章家を目指す小僧
自己紹介:
死してなお生きる
いや、生きていても死んでいて、
……うがぁー
バーコード
ブログ内検索
Copyright © s.v.o.s.(com)の読書日記 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]