忍者ブログ
この読書感想文は、批評とも感想ともとれない、また推薦でもない、ただの自己中心的記録日記である。 そこらへんを考慮した上で読んでくれ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日、全巻一気読みした。
以前から存在はMUGENで知っていたのだが、実際読んでみての感想は


なんだこの読後感は!


ストーリーはわかるが、五巻あたりとかもうひどすぎじゃないか。ってか、落ちは一体なんだよ、あれ。もうストーリーとかひどすぎ! 長期連載考えてなかっただろ作者!!
ひどい、ひどすぎる! なのに、なにこの読後感!?(感じちゃうッ!!(爆
俺に何をさせたいのだ!
ってか、ち○こ出したよ主人公。これR入ってたっけ?



まー、そんな感じで、冷静に考えればひどい作品だと判断できる。
けれど、人間感情的に生きるもの。人間を揺さぶるものなんて限られているのに、それでもなおここまで揺さぶらせる。
うん、人類にお勧めな作品だな。


以下、ネタばれ含む。
戦争に翻弄される少女と少年、って感じのお話なのでしょうか。
戦争についてはあまり触れずに、ただ戦っていく。
で、最終兵器な少女が闘いに駆り出されて、男の子は静かにそわそわしながら待って、それであーだこーだ。

化学兵器がどーだ、人類がどーだ、惑星がどーだ、とかそういった理系的な内容はまったく出てこなかった。塩山的にはしょんぼり、です。
ただ、ロミジュリな印象が見受けられたかな。
下手に科学ネタ入れずに、ただ二人と周りの人たちの感情変化を物語った、――まさにロミオとジュリエット。

あー、書いてると止まらなくなるわ。まとまらなくなるわ。



【全体評価】
絵:7点
ストーリー性:8点
テンポのよさ:3点
キャラ:6点
大義名分:10点
コマワリ:5点
落ち:???

んー、百点満点で評価すると、補正点がかかって
85点。

……釈然としねぇ。
なのに納得しちまう、総合点。

ワンコメント:推薦図書として学校教育機関の図書部に置いて良い作品。
       アニメ見てぇなぁ。
       (そういや、この作者の「ぼくのかけら」って最終刊でたのかな?)


それでは、なんだかハイテンションな塩山がお送りしました。
PR
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/17 波無吉]
[02/17 塩山]
[02/17 波無吉]
[02/10 塩山]
[02/09 波無吉]
プロフィール
HN:
塩山タカオ
HP:
性別:
男性
職業:
文章家を目指す小僧
自己紹介:
死してなお生きる
いや、生きていても死んでいて、
……うがぁー
バーコード
ブログ内検索
Copyright © s.v.o.s.(com)の読書日記 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]